昨夜はちょっと酒量が多かったのか、旦那も私も今日は眠い。つい二度寝(笑)。
旦那は昨日、自分の車を車検に出したので、本日は出かける予定なし。買い出しもなし。だから二度寝(^_^;)。

 

とは言うものの、徒歩7分程度のところまでは行きました。
二人でお散歩……ではなく、野菜の無人販売所を見にいったのです。
今まで何もなかった場所に販売所を思わせる立て札があるというのです。
どれどれ。うむ、あるね。手作り感満載の立て札♪ ほぼ間違いなく無人販売所でしょう。

 

水曜と土曜だけらしいので、また水曜日に行ってみる予定。
ひとまず本日は別の販売所でにんじん購入。残念、旦那の欲しかった枝豆はありませんでした。

 

そんなこんなで今年も後半に突入。いや、突入したのは昨日だね(^_^;)。
気持ちを引き締め直して、仕事も原稿も頑張ります!

昨日は雨でできなかった駐車場の草刈り。今日はがんばったよ。おかげで汗だくさw

 

わが家の駐車場は借りている場所なのだが、数年前に貸し主が「草刈りはしないことにしましたので各自で管理してください」と言ってきて、それ以降、毎年夏場は雑草だらけのひどいありさま。
何もしないで土地を貸すだけで毎月一定額を得られるとはなんとも羨ましい限りだが、借りてるほうとしては最低限の管理はしてほしいところ。
しかも、何か駐車設備があるわけではなく単なる空き地に線が引いてあるだけの駐車場なので、自分のところだけ雑草を除去しても隣近所が何もしなければ種も虫も飛んでくる。手の届かない場所からにょきにょきと伸びてくるものもある。困ったものだ。

 

というわけで、毎年除草に精を出す私(笑)。なんとなく好きらしい(<好きなのか!)。
今年はその「にょきにょきと伸びてくるもの」をやっつけるべく、新しい刈り込みばさみを買ってみた。とてもいい感じ♪
具体的には葛(くず)や薄(すすき)が邪魔である。本来はきちんと植えられていたものと思われる樹木もあるにはあるが、車をとめる場所に入ってくる分はこちらも刈り込む。
ざっくざっく、ばっさばっさ。
気持ちいい。

 

先々週、試しに買ってみた除草剤も使った。こちらの効き目は少々物足りない感じもしていたのだが、2週間たって見てみるとやはり効果があったのだとわかる。草むしりの対象となる丈は低いが根張りは強い草が、全部すっかり枯れていた。おおお。

 

来週末まで旦那の車は車検に出ているので、そのあいだに根こそぎ除草できるものはして、刈り込むところは刈り込んで、真夏の除草が少なくてすむようにしたいと思います。

  • 2017.07.01 Saturday
  • -
  • 20:51
  • -
  • -
  • by

うがががが。なんというタイトル。

 

兄からメールが来たと思ったら、彼の息子の話であった。
なんと! ネットで記事になっていた(笑)。→こちら見てやって♪
 

どんな道に進んだのかと思っていたのだが、昔のままだったね! にゃははo(^▽^)o
しかしスケールは大きくなっていた。
おばちゃん、完敗。
元気に頑張ってほしいものです。

 

 

私はといえば、征士誕もやらずにもにょもにょもにょ……ごめんなさい。
征士さん、遅ればせながら44歳おめでとう。どんな誕生日だったかな。
アラフォーも残り1年を切ったね(笑)。次のステージをお楽しみにw さらに素敵になるって信じてる。

 

SCC以降、疲れてぐったりしたり、仕事が忙しかったり、相変わらずな日々でございました。
征士の誕生日は仕事の大詰めで、歯ぎしりしながらパソコンに向かっていました(笑)。
翌週は部屋の片づけと鎌倉散策。鎌倉、楽しかった〜♪
和服で人力車とか乗っちゃって、あれこれ散財してしまったので(^_^;)、その後は新しいクライアントを獲得すべく営業。
ま、そう簡単にはいきませんが。
来月は月初からややまとまった量の仕事が入ることになったので、その前にあれこれやっておこうと、今週は先送りにしていた細かいことに着手。
まな板の手入れをしたり(木のまな板を削るのだ。久々だったので大変!)、ドワーフトマトの植え替えをしたり(全部で6株。順調に育っている)、次の種を蒔いたり(イタリアンパセリ、三つ葉、ミニ大根、空心菜、シシトウ)、和装用の小物を作ったり(腰紐とか付け替えの楽な半襟とか)、古タオルから雑巾などを作ったり(<今日はここ)。

 

週末も近づき、そろそろ疲れてます(-_-;)。

 

雑巾と書いたけど、汚れ方や傷み方によって雑巾・台布巾・まだタオルとして使うものの3種に分けました。
タオルとして使うものは、汚れた部分を切り落として布端の始末をします。
最初は単純に三つ折りにして縫ったんだけど、イマイチ。
なので、面倒だけど別布で布端をくるむようにして処理することに。このほうがきれい♪

 

こんな感じでどっさり(笑)。多分、見た目よりも枚数は多いよ。

ぞうきんとか

いっぱいお掃除できそうです(^_^;)。

 

明日は駐車場の草むしり。お天気はどうかな?
少し前に除草剤をまいてみたけど、効き目はいまひとつ。うーむ。
ま、ぼちぼちがんばります。(原稿もがんばります)

  • 2017.06.29 Thursday
  • -
  • 21:13
  • -
  • -
  • by

明日の無料配布の製本完了♪

 

 

中身はこんな。

 

 

昨年のよりちょっとだけ洒落っ気が出てます(笑)。

 

 

左が昨年のもの(2016.05.03配布)、右が今回のものです。

お荷物にはなりませんので(笑)、みんな、もらいに来てね!\(^O^)/

  • 2017.05.03 Wednesday
  • -
  • 17:56
  • -
  • -
  • by

おひさしぶりです!
どうして1月5日が最後の日記なの? と不思議で仕方のないヒラノです(^_^;)。
皆さま、お元気ですか?

 

そして、状況は相も変わらず………
もうね、昨年4月30日の記事をコピペしちゃおうかと思ったくらいですよ。
本当に進歩のない…。

 

落ちてしまった新刊(征当:通称「総集編」)についてはまた後ほど書くとして、まずは取り急ぎSCCについてのお知らせです。

 

■新刊■ありません
■無料配布■掌サイズの折り本があります
■オンリー■武装演舞3に参加してます

 

無料配布は昨年同様の小さいやつです♪
中身はほわほわとした新作です(笑)。
まだこれから印刷・製本・ケース作製。
昨年の残りと並べてスペース内に置いておく予定ですので、新旧間違えずにもらってやってください。

以上、本当に急ぎの連絡のみにて失礼いたします。

 

あ! Web拍手ありがとうございました! くじけそうな心に拍手とメッセージがあたたかい…。
いろいろと頑張りますw

大根の葉、長ネギ、豆苗などなど、食用に買ってきたのを食べた後にもう一回ぐらいは育てて小さく収穫することができるんだぜ、という野菜はいくつもあります。
上記3つの中で私が一番好きなのは長ネギ。根の部分を数センチ残して食べ、残した根元をベランダのプランターに植えておけば結構長く収穫できます。…貧乏くさい話だが(笑)、薬味にはちょうどいい。
ま、私の場合はそういうものの再生の過程を見るのが好きなんですね、たぶん。

というわけで、今回はキャベツに初挑戦。
最初に食べたような大きな球形になるわけではないようですが、一人分の味噌汁の具にする程度には再生できますよ、ということを聞いたので、じゃあ試してみようかと始めたわけです。ははは。

で、現在こんな感じ。



直径10センチ程度でしょうか。
芯を残すように葉の部分を切り取って使い、一番上に直径2センチくらいの葉球を残した状態で下のほうを水につけておきました。

1週間ほどで野菜として出荷されたときの切り口から根が出てきたので、使っていなかった植木鉢に植えてみたところです。
今は私の部屋の中で、バジル、イタリアンパセリ、クレソンなどと一緒に過ごしております。

どこまでどう育つのか、ちょっと楽しみ♪

  • 2017.01.05 Thursday
  • -
  • 19:32
  • -
  • -
  • by

皆さま、お正月はいかがお過ごしでしょうか。


昨年はこれといった活動もできず、サイト自体もほとんど意味をなさず(T_T)、もう私、同人やめたほうがよくない?
と思わなくもありませんでした…。

 

いえ、まだやめませんけど(笑)。

 

…というようなことを、ここ数年、毎年書いているような気がするのですが、気のせいでしょうか(^_^;)。
うむ、気のせいですね(笑)。
意外と前向きなことも書いていました。(←以前のブログを読み返してみた)
よし、今年も頑張ろう!

 

具体的にはまず、5月のSCCを申し込みました。
トルーパーオンリーもあるようですが、そちらへの参加方法がいまひとつわかりません。
SCCで該当スペースに申し込めば、それでいいのかな?
一応、参加プチオンリーの欄にイベント名も書いておいたけど、ちょっと不安。
近いうちにまた確認してみようと思います。

 

そのSCCで出す予定の本はもちろん、出す出す詐欺になり果てている通称総集編。
今度こそ!
と、何枚かの年賀状にも書きましたよ(笑)。
本当に頑張ります。

 

こんな年明けですが、元気にひたむきに進んでいきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ついこの間まで暑くてダレてた筈なのに、きょうはもう寒くて湯たんぽを使ってしまった。
温かい♪
幸せだ〜。

私は湯たんぽを3つ持ってます(笑)。
それぞれお湯が、500ml、2L、3L入ります。
きょう使ったのは3Lのもの。
座布団型のもので、お尻の下に敷いて使うことができます。もちろん柔らかいです。お湯をめいっぱい入れるとちょっと座りにくいので、2L弱くらいで使ってます。
お尻の下がたぷたぷしているので当然、落ち着きはよくないのですが、お尻も太股も温まり、とても気持ちがいい。
寝転がって腰枕にしたり首や肩を温めたり、柔らかいのは身体のあちこちに当てることができて便利なのです。

そんなわけで、今年もまたお世話になります。よろしく、湯たんぽさん。

先日、はぶちゃんから小包が届きました。ありがとう!!!
それがこちら。

 

 

毎回いろいろと楽しいものを送っていただいて、感謝感謝でございます♪
(お礼が遅くて本当に申し訳ございません)

 

なぜこれを? と思ったのは、中央付近にあるカップ。
ご存じ、カップヌードルでございます(笑)。
でもよく見ると、「HAPPY BIRTHDAY」と書いてある。

 

カップヌードル45周年なんだな!!

私、同い年なんだなw

9.18はYKの誕生日なんだな(笑)。

そして色は赤青なんだな♪

 

個人的にいろいろと楽しいNISSINでございました(*^O^*)/
ありがとうv

 

遅ればせながら、こちらからもちょいとお送りいたします。
数日中には届くかと(^_^;)。

昨日の写真は、10/9に能を観にいった際、ゆださんからいただいた一口羊羹なのです♪
ありがとうございますv
トルーパーの全5色のものがあったそうで、そのうち3色を私もいただきました♪
10月ですので、写真はわが家の大元である征当色としました(笑)。
 緑:静岡茶
 青:ブルーベリー
 水色:がごめ昆布
がごめ昆布とは収穫量のとても少ない高級昆布だそうです。伸ちゃん……。
ブルーベリーはあまりそれらしい味はしなかったようで、ちょっと残念(旦那に一口で食べられました/笑)。
普通においしかったのはお茶。これはやはり羊羹とも相性がいいようです。
昆布は「おお!昆布だ!」という感じで(笑)、とても上手に作ってあると思います。これもおすすめ。

 

さて、この日の能は「芭蕉」「女郎花」。久しぶりに矢来能楽堂に行ってきました。
ここの座敷席は座布団席だったかな? と記憶していたのですが、チケットには座席番号があり、行ってみると綺麗に椅子が並べられていました。ちょっとかわいいw
で、この椅子の座り心地がよかった!
低めの椅子(多分折りたためるものです)なので、通常のパイプ椅子では高すぎるヒラノにも快適。いただいて帰りたいくらいでしたわ(笑)。

 

能2曲はどちらも初めて…だと思う。「芭蕉」は見たことがあったかも? 仕舞で見たのかな? と曖昧で、一曲全部を見たことは多分ないよね、とか思ってました(^_^;)。会場まで行く間に詞章を読んだ限りでは内容に記憶なし。ただ、これは長いけど面白そうだな、と思ったのでした。
そして、本当にどちらも面白かった!
長くて疲れて途中で少し寝ちゃいましたが(笑/多分)、それでも面白かった。(と思えてしまうのが能の不思議なところ?)

 

印象としては芭蕉のはかなさばかりをイメージしていたのですが、曲の中ではもっとずっと存在感がありました。
それから、私はワキ(今回はどちらも僧)が活躍する作品というのが結構好きで、その点でも「芭蕉」は見ていて楽しかったですね。
活躍というほどではないのですが、この曲では僧のほうも少し話をしてくれます。何かの精が出てくるような作品では大抵、前半でシテが自分の身の回りの話をして、後半で今度ははっきり正体を明かして仏の加護を求めるようなものが多いのですが、「芭蕉」ではワキ方が法華経について話し、シテもそれに理解を示すという流れなんですね。
一般的な表現だけど仏教的には別の意味も持つという言葉や、故事にまつわる言い回しなど、勉強しておかないと「なんだそれは?」となることもあるかもしれない詞章なのですが、これもまた盛りだくさんで面白い点だと思います。
後場のシテの装束もはかなげで素敵でした。

 

一方の「女郎花」は、シテは女性だろうと思っていたのに実は男性だという、個人的にびっくりな作品でした(笑)。
先に解説を読んでいたので当日に間違えることはありませんでしたが、女性側から見た話にしたら全く違う作品になっただろうなと思います。

このシテが平安時代の貴族という設定のためか、終盤の舞がそれほど激しくない。平家物語に関連する修羅物などをイメージしていたので、「思ってたより静か。でも切なそうでつらそう」という感想を持ちました。
物語としては、姿を見せなくなった夫(通い婚ですから)への恨みと嘆きを胸に川へ身を投げた妻と、それを知って駆けつけたものの最終的には自分も後追い自殺をした夫の、悲恋と地獄での苦しみ(純愛ではあるのですが、その愛のためであっても仏法的には自殺をしてはいけないわけです)を語るものであり、いつか許されるときが来るといいねと、願いたくなるような曲でした。

 

さて、能のあと、ゆださんとちょっとお茶してきました。
知らないお店が駅前にできている! と、開演前に興味津々だったのです、私(笑)。
何か特別なものがあるというわけではなさそうですが、そこそこおしゃれ。そして、とてもオープンで入りやすいお店でした。お値段はあの辺りでは普通でしょうね。おいしくいただいてきましたw

 

ゆださんには羊羹以外にも彼女の御本をだいぶいただいてしまいました。本当にありがとうございます!
ああ……私も…私もお渡しできるような本を出したい……
かなり切実に思いましたので、以降、本当に真面目に原稿を書く予定です。はい。がんばります。

  • 2016.10.13 Thursday
  • -
  • 15:03
  • -
  • -
  • by


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM